福岡市地下鉄「赤坂駅」より徒歩1分の内科・女性外来

当院は昼休憩なしです。
お昼休みに受診いただけます。

花粉症

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が粘膜に触れることによって、発作性のくしゃみ、鼻水、鼻づまりや眼の痒みなどの一連のアレルギー症状を引き起こすことをいいます。
花粉症は春のスギだけでなく、初夏にはイネ科、秋にはヨモギなど季節毎に様々な花粉によって引き起こされます。そのため患者さんの中には、肉体的にも精神的にも意欲が落ち、日常生活に大きな影響を及ぼすことがあります。

外出時にはマスクや帽子の着用、衣類の部屋干し、こまめな掃除と空気清浄器の活用などで、アレルゲンとの接触をできるだけ減らすことが大切です。

治療は、抗アレルギー薬と呼ばれる一連の薬剤や漢方薬を服用したり、点鼻薬・点眼薬などの局所投与薬を組み合わせて行います。さらに、食生活や睡眠に注意することで、身体の免疫力をバランスの取れた適切な状態に保つことも大切です。

花粉症の治療

一般的に花粉症治療に用いられている抗ヒスタミン薬を花粉が飛散する2週間前(症状の出る前)頃から服用します。
症状が出てから薬を服用する場合に比べ、症状の進行を軽く抑えられるといった統計が出ています。中でも鼻水・鼻づまりやくしゃみなど症状が強い方に効果が期待できます。

【内服治療】

抗ヒスタミン薬・・・
花粉症治療として最も一般的です。1日1回服用のタイプや眠気が少ないものなどから処方しております。
抗ロイコトリエン薬・・・ 鼻づまりが気になる方に単剤や併用薬として処方しております。
漢方・・・ 小青竜湯や葛根湯加川芎辛夷など症状にあったものを処方しております。妊娠中の方、抗ヒスタミン剤で眠くなってしまう方など、ご相談下さい。

【外用】

点眼・・・ 内服薬では充分な効果が期待できない花粉症によるアレルギー性結膜炎に対し、抗ヒスタミン薬の点眼薬を処方しております。
点鼻薬・・・ 抗ヒスタミン薬やステロイドの点鼻薬を症状を診ながら処方しております。

【注射】

ノイロトロピン(保険適応)・・・ ノイロトロピン注射は花粉症による鼻水・鼻づまり・目の痒みに対して効果があり、皮膚の掻痒感を抑える作用もあります。花粉症対策の飲み薬との併用も可能なので便利です。
強力ネオミノファーゲンC・・・ 花粉による皮膚炎や痒みに補助的に使用します。
プラセンタA(保険適応外)・・・ 美容・アンチエイジングだけでなく、抗炎症作用と免疫力を高める作用があるので、アトピー・アレルギー疾患・花粉症などの症状改善が期待できます。